恐怖の赤ん坊製造工場…子どもを奴隷として売り飛ばす闇病院の実態が話題に…

恐怖の赤ん坊製造工場… 子どもを奴隷として売り飛ばす闇病院の実態が話題に… 赤ん坊工場とは 「赤ん坊工場」、「ベビー工場」というものをご存知ですか? 赤ん坊工場とは望まない妊娠をしてしまった女性が極秘で出産、 その子を売り飛ばす事が出来るという病院の事。 その額は日本円でおよそ16万円と言われ、 産み落とされた赤ん坊は誰でも購入する事が出来ます。 子どもを奴隷として売り飛ばすヤミ病院の実態 最近ニュースになったのはタイ・バンコクにあるとある病院。 近所の人達が赤ん坊の闇取引をしているらしいと 噂していたことで警察が捜査を開始。 これにより病院が摘発されました。 病院長(TG・グプタ)と経営者(アルン・バドリア)、 赤ん坊を買い取ろうとしていた夫婦が逮捕され、 逮捕された夫婦が買い取った赤ん坊は警察によって無事保護されました。 しかし、この病院で取引された他の赤ん坊は未だ行方不明のまま。 今回、タイバンコクの病院で行われた 赤ん坊工場の規模はとても小さい方でした。 この事件は氷山の一角の中のほんのひとかけらに過ぎません。 赤ん坊工場はまだまだ他の国にも沢山存在しています。 インドは赤ん坊がベットショップ化されていると言われるほど 赤ん坊の人身売買が蔓延。 ナイジェリアなどでは子供や妊婦の保護施設と見せかけて 実は赤ん坊工場でした、なんて事件も・・・ 赤ん坊工場で生まれた赤ん坊の末路 赤ん坊工場で生を受けてしまった赤ん坊達の運命は 購入する買主に委ねられます。 ・子宝に恵まれなかった夫婦が自分の子供として購入する。 ・お金持ちが性奴隷として購入。 または売春婦・児童ポルノの素材として稼がせる為に購入する。 ・危険を伴う肉体的な労働に従事させるため購入する。 ・宗教的儀式のため購入される。 ・赤ん坊の身体を臓器提供に用いるために購入。 ・「物乞い」によってお金を稼がせる為に購入。 ・強盗や窃盗など、犯罪組織の手下として購入。 ・テロ組織などの戦闘用組織の兵士(捨て駒)として購入。 などなど。 また、宗教的儀式のため購入されることもあります。 宗教的儀式のため 宗教的儀式のために購入された赤ん坊は 決して巫女さんになる為にとか、 坊主の後継者として迎えられるわけではありません。 このような目的で購入された赤ん坊は生贄として捧げられるのです。 ナイジェリアやアフリカでは 子供を殺して生贄として神に捧げる儀式が今でも行われています。 物乞いをさせるため 上記で紹介した末路が悲惨なため、 物乞いをさせるために購入された子達は幸せ?と思うかもしれませんが、 決してそうではありません。 「物乞い」の際、歩行者の目を引くために わざと健全な子供の腕や足を不自然に折り曲げ、 または切断し奇形にされてしまいます。 戦闘用組織の兵士用 兵士は人身売買された人でなくても […]

Continue Reading

遺体洗いのバイトは本当に実在するのか?ホルマリンプールの謎が話題に…

遺体洗いのバイトは本当に実在するのか? ホルマリンプールの謎が話題に… 昔から都市伝説では 遺体をホルマリンプールに漬けるバイトがあると言われています。 給料も1体に付き2万円とか騒がれていましたが、 実際にはどうなのでしょうか? 遺体洗いのバイトは実在するのか? 一度は聞いた事があるかもしれない遺体洗いのバイト。 しかし、探しても探してもそんなバイトはありませんでした。 では、遺体洗いのバイトの都市伝説は何処から来たのでしょうか? 実はベトナム戦争当時バラバラの遺体を繋げるバイトがあったのです。 これは当然、戦死者を母国に帰す為に 遺体のエンバーミングを行っていました。 その話が周りまわって遺体洗いのバイトとなったのではないかとの話です。 ホルマリンプールは実在するのか? 実はホルマリンプールは実在します。 しかし、実際問題ホルマリンは劇薬です。 揮発性の中毒にもなる危険な物質なのです。 なので大量にプールに遺体が沈んでいると言うのは考えられないです。 医療行為の一環なのでアルバイトに任せるなんて事はありません。 ご遺体を献体していただいた皆様に申し訳が立ちませんよね。 この都市伝説にはもう1つの話があります。 一説には大江健三郎の小説に死者の奢りという作品があります。 この小説のくだりに 「死者たちは濃褐色の液に浸かって 腕を絡み合い、頭を押し付けあってぎっしり浮かび、 また半ば沈みかかっている」 という描写があります。 この小説が発表されたのが昭和32年です。 これ以来、この小説が都市伝説として 50年以上も使われてきているのだと思われます。 遺体洗いのバイトは実在する このバイトはホルマリンプールとは関係ありませんが、実在します。 それは「湯灌」ゆかんのバイトです。 ご遺体を本当に洗うバイトです。 現在では湯灌と呼ばれるよりも エンゼルケアで調べると求人にあります。 実際、どれ程のお金がもらえるかというと時給で1350円。 月給で18万円位が相場です。 遺体洗いのバイトは実在しますが、 高額報酬ではないのが現実。 なので雇ってもすぐに来なくなる人も多いのです。 都市伝説で語られている ホルマリンプールの遺体洗いのバイトは存在しませんが、 遺体洗いのバイト自体は存在するのです。 ホルマリンプールは実在する ホルマリンプールのバイトはありませんが、 実はホルマリンプールは存在します。 プールと言っても温泉の大浴場程の広さですが、 ホルマリンプールはあります。 中で作業をする人は数分ホルモン作業しては数分休憩をとるそうです。 ホルマリンは鼻、口を抑えて作業しても 皮膚から吸収されてしまいダメなそうです。 この作業を行うのは公務員です。 しかし、現在ではホルマリンプールは殆どみかけません。 […]

Continue Reading

車のタイヤにペットボトルが挟まっている意味…身近で起こり得る車の盗難が恐ろしい…

車のタイヤにペットボトルが挟まっている意味… 身近で起こり得る車の盗難が恐ろしい… 日本で1年間に車の盗難が 1万件以上起こっているのを知っていましたか? 私の車は安いし古いから大丈夫!と考える人もいますが パーツや荷物を取られたり、 乗り捨てされるケースも報告されているそうです。 あなたの大切な車を守るために 車に乗る前にはしっかり確認しないといけません。 今回はそんな最新の車の盗難方法について紹介します。 車のタイヤにペットボトルが挟まっている意味 車の盗難で単純明快ながら 最新の恐ろしい方法が身近に存在しています。 一番初めにこの方法が使われた報告されたのは 南アフリカ共和国のリンポポと言われる ボツワナとジンバブエ付近の町です。 この方法はすぐさまYouTube上の動画を通じメキシコまで広がり、 泥棒はこの方法を使い盗みを働きました。 窃盗者たちが車を盗む方法はとても簡単です。 最初に駐車してある車に目を向け、 どの車を盗みたいか決めたら 大きなペットボトルを運転席とは逆のタイヤに挟み 運転手からは見えにくい状況を作るだけ。 車に乗る際、一人だと 運転席の方向以外を見ることはほとんどありません。 そして、運転手が車に乗り込んでエンジンをかけますが、 車のタイヤにはペットボトルが挟まっているので ガタガタとうるさい音が鳴ります。 そんな状況が訪れてしまえば何か故障したのではないかと思い、 急いで車を降りることは間違いないでしょう。 その隙を窃盗者たちは狙うのです。 残念ながら慌てて運転手が車から降りる状況というのは一番無防備になる瞬間です。 慌てているのと自分んが車の近くにいるということから 運転手はエンジンを付けたまま車から降りてしまうのです。 それは窃盗者たちに最適な盗みのチャンスでしかありません。 運転手が運転席とは反対側で音の原因を調べている間、 泥棒はすぐさま車に乗り込み早いスピードで逃走します。 運転手が状況に気付いた時にはすでに遅く、 車も車に置いていた大切なものも一瞬で奪われてしまうのです。 この方法の恐ろしいところは どこでもいつでも身近で起こり得ることです。 こういった犯罪を知ることは 犯罪者の手助けをするようにも見えますが 防止にも繋がることを忘れないでください。 ネットでの反応 ・どれも上手くいかなさそう。 ・ドライブレコーダー万能すぎるw ・俺財布置いていったら1000円札と100円玉だけ綺麗に抜かれて 10円玉と1円玉はそのままだった ・どんなに車にセキュリティを積んだって 周囲の警戒を怠らないことだね

Continue Reading

とある予備校の一日のスケジュール…過酷すぎてここは刑務所かと話題に…

とある予備校の一日のスケジュール… 過酷すぎてここは刑務所かと話題に… 大学合格を目指して通う予備校。 そんな数ある予備校の中でもひときわ厳しいと噂の学校が北九州予備校です。 なんと全寮制の予備校で一日のスケジュールが過酷すぎると話題になりました。 過酷すぎる一日のスケジュール 画像を公開したのはたけのこ(@kyusyu_uni_1017)さん。 北予備の寮に入ったトッモから一日のスケジュール見せてもらった。 涙が止まらない……… pic.twitter.com/HutGtPk8ur — たけのこ (@kyusyu_uni_1017) April 8, 2019 引用:https://twitter.com/kyusyu_uni_1017/status/1115177598076608512 北予備の寮に入ったトッモから一日のスケジュール見せてもらった。 涙が止まらない……… 分刻みで決められたスケジュールと注意事項がびっしりと書かれています。 これはもう泣くしかないですね… 大学合格のために頑張ることは素晴らしいことですが、 さすがに厳しすぎる気がします。 ネットでの反応 ・懐かしい・・・昔北予備の寮で囚人してましたが、 違反したときの1週間の自宅謹慎が事実上の夏休みでしたw ・こんな紙もらったら1日目からわざと門限破って退寮しますね… ・これだけやると自主性が失われる。 将来は優秀な社畜になりそう。 ・あっ…俺が今通ってる大学の繰り上げ合格の通知が来なければ入ってたかもしれなかった予備校だ… メンタル削られそうで今でもそれ聞くとゾッとする… ・懐かしいなあ…早く脱北出来るよう頑張ってほしいです

Continue Reading

高齢ドライバー講習会の実態…改めて高齢ドライバーの危険性を目の当たりにする…

高齢ドライバー講習会の実態… 改めて高齢ドライバーの危険性を目の当たりにする… 最近高齢ドライバーの事故が相次いでいます。 年齢とともに鈍くなる判断力。 免許返納や免許剥奪、そんな声が多くあがっています。 そんな中、とある動画が話題になりました。 高齢ドライバー講習会の実態 高齢ドライバー講習会の一コマ・・ 指導員の人が「ブレーキ!」と叫ぶが、全然止まろうとしない車。 そんな目を疑うような動画を見て唖然としました・・ シートベルトしてないのはさすがに論外すぎる こんなのに突っ込まれたらたまったもんじゃないよ pic.twitter.com/tgu8aDqdIs — 二等軍曹 (@nitogunso) May 18, 2019 引用:https://twitter.com/nitogunso/status/1129733599706734593 シートベルトしてないのはさすがに論外すぎる こんなのに突っ込まれたらたまったもんじゃないよ 一瞬これがネタであって欲しいと思いました。 これは特に悪い例なのかもしれませんが、 こんな人が運転をしているというのは紛れも無い事実。 これ以上高齢ドライバーの事故を増やさないためにするべきことはなんでしょう・・? やはり免許返納という選択肢しかないのかもしれません。 ネットでの反応 ・高齢者が運転しようが若者が運転しようが 車は1歩間違えたら人を殺すマシンなんだからね 何が言いたいかと言うと「俺は大丈夫!」みたいな根も葉もない慢心が1番やばいと思う。 ・足腰が弱ってくると感覚まで鈍くなるから その足でアクセルとブレーキをコントロールすること事態とても危険 ・自己都合の言い訳。 このようなドライバーは、もはや免許返納ではなく、 強制回収で良いと思います ・これはさすがに酷いと思うけど これ見て年寄りが皆、この人みたいになってるって考える人はかなり考えが偏ってると思う。 あくまでも一例に過ぎないってことは考慮して結論を出して欲しい

Continue Reading

10000人対1人…日本史上最強の日本軍・舩坂弘伝説…

10000人対1人… 日本史上最強の日本軍・舩坂弘伝説… 舩坂弘さんは日本の軍人の中で特に強くて 歴史に残る戦いをした人として有名です。 しかも、2006年まで存命されており、85歳まで生きられておられました。 船坂弘とはどのような人? お亡くなりになったのは2006年なのでかなり最近です。 歴史上の人物というにはまだ早いくらいの時代の人です。 しかし、逆に言えば生きた伝説となった男でもありました。 戦後は本屋の社長となりますが、 太平洋戦争中はまさしく人外といいますか、不死身の人間兵器です。 もし、日本兵が全員「舩坂弘」であればその結果はどうなっていたか…… そのようなことすら想起させる恐るべき人物です。 舩坂弘氏は武人であると同時に文人でもあります。 戦争に敗れたのは「文化力の差」ではないかということで 自ら書店経営を営み、戦後日本の文化力向上に貢献します。 そして、太平洋戦争に関する多くの著書を残しています。 その本は今もみなさんが手に取り読むことが出来ます。 1944年の太平洋戦争の状況 太平洋戦争も1944年に入りますと アメリカ軍の圧倒的な戦力に日本軍は対抗が困難となってきます。 太平洋戦争の本流は「艦隊(航空)戦」と 「島嶼戦(とうしょせん:島での戦い)」で進んで行きます。 太平洋の制海権を押さえるための「艦隊(航空)戦」が発生し、 制海権を押さえた方が「島嶼」に侵攻するというものです。 1944年になると、日本は「艦隊(航空)戦」で アメリカに局所的戦闘以外では勝利できなくなります。 そして、「島嶼戦」で大きな打撃を与え、アメリカ軍を撃退しようとします。 しかし、それは成功した例がありません。 絶望の島嶼戦 太平洋戦争で日本軍は「玉砕」という言葉を使い「全滅」しました。 そして太平洋の多くの島々が「玉砕」していきます。 有名な「硫黄島の戦い」、「タラワの戦い」、「ペリリュー島の戦い」など、 確かに多くの島で日本軍は善戦し、アメリカ軍に大量出血を強います。 しかし、最終的に「玉砕」し、その島を奪われていったのは日本です。 「島嶼」つまり島です。 この島に立てこもって戦うというのは言ってみれば「籠城戦」です。 敵を引きつけ、援軍により挟撃できるなら、 それは戦術として理にかなっています。 実質それが出来たのは本土に近かった「沖縄戦」くらいでしょう。 戦後、明らかになったアメリカの公文書の中には 「沖縄戦は我々の負けであった」と書かれています。 アメリカの作戦目標を砕き、日本の考えていた「一撃講和論」は 実はこのときで来ていたともいえるのです。 援護のない「島嶼戦」は絶望しかないです。 要するに死ぬまでそこで戦えということです。 そして、舩坂弘もその島嶼戦で地獄の鬼がドン引きするほどの活躍をみせ、 その不死身ぶりをみせるのです。 彼は当時、軍曹という階級でした。 「一人十殺」の戦いを強いられた日本軍 日本軍はアメリカのフィリピン侵攻を阻害できる位置にある 重要拠点であるパラオ諸島の軍備を固めます。 舩坂弘軍曹が配備されたアウンガウル島もパラオ諸島のひとつです。 1944年9月、アメリカ軍はここに2万人の兵力で攻めてきました。 守るのは舩坂弘軍曹を含む1,250人の兵力です。 […]

Continue Reading

海底に眠る日本軍の遺跡…今もなお残る残骸に戦争の悲惨さを思い知る…

海底に眠る日本軍の遺跡… 今もなお残る残骸に戦争の悲惨さを思い知る… 海底に眠る日本軍の遺跡 西太平洋カロリン諸島に位置する 世界最大級のサンゴ礁のチューク環礁は かつてトラック島と呼ばれ第二次世界大戦には 日本海軍の大規模な軍事拠点が築かれていました。 当時の連合国軍にとって大きな脅威であったこの拠点は 1944年2月17日から18日の2日間にわたって アメリカ軍が突如仕掛けた空襲で航空攻撃を受け、 停泊していた巡洋艦や駆逐艦のみならず、 数百もの航空機までもが破壊されて沈み、数千もの兵が命を落としました。 この空襲は太平洋における連合国軍の主要な脅威だったトラック島を潰し、 東京に向けて前進する連合国軍を阻む日本軍を無力化されました。 今もなお残る残骸に戦争の悲惨さを思い知る そして、現在美しい珊瑚に彩られた青い環礁の海底には 凄惨な戦いの果てに沈んだ様々な残骸たちが今もなお横たわっており、 近年では水中廃墟を巡るダイバーの間では人気の海洋スポットの一つとなっているそうです。 トラック諸島のサンゴ礁に沈む残骸はトラック諸島の幽霊戦艦とも呼ばれる 素晴らしいダイビングサイトとして知名度を上げています。 これらの残骸の大半は水深15mに満たない透明度の高い水中に横たわっており、 そこには爆発物、機雷、弾薬、雷菅や魚雷、砲弾そして遺体が散在しています。 この環礁は第二次世界大戦の凄惨な痕跡を懐に沈めたまま、 色鮮やかなサンゴやマンタやサメなどの海洋生物を育む美しい海の楽園と化しているのです。 戦争というのは無残に破壊される物と 犠牲になる命しかないんだということを感じてしまいますね。 ネットでの反応 ・兵士の方々の御冥福をお祈りします。家に帰れるといいですね ・これが有名な帝国海軍の大失態。 これらの残骸は殆どなすすべもなく壊滅させられたものだ。 海軍はこの後も次々と失態を重ね、坂道を転げ落ちるどころか、 崖から真っ逆さまの勢いで落ちていくわけだけど、その原因たるや、笑うしかない。 しかも、ついに誰も責任はとらなかったし、追求もされなかった。 無能な指揮官や指導者のもとで戦争をすればどうなるかの良い見本だろう。 ・戦争を作るシステムみたいなのは、やめればいいのに。 こんな無意味な戦争可愛そう。 このお骨の方、無意味な戦争にいかされた方。 来世は恵まれた場所に生まれますように。

Continue Reading

時給3万円の仕事内容…怪しすぎると話題に…

時給3万円の仕事内容… 怪しすぎると話題に… 世の中には怪しい求人広告がたくさん…? 時給3万円の仕事内容が怪しすぎるwww 驚愕の内容を紹介します。 時給3万円の仕事内容 インターネット掲示板で話題になったある求人広告。 時給はなんと3万円。 しかしその仕事内容が怪しすぎると話題となりました。 (量子論的揺らぎあり)ってなんでしょうwww しかも「退勤するまで分からない」だったら もうずっと分からないままなのでは…。 給料明細の入った袋を開けなければ 時給3万円で働いた分の額が書いてる世界とそうではない世界が混在する。 ってのが量子論的揺らぎということなのでしょうか。 時間に関しては一切の時計や外の明かりが入らない所での作業なので 時間を確認するまでは何年働こうがわからないって事? 怪しすぎます。 でもこれ日給21万、月給420万っていうことですよね? ちょっと見てみたい気もしますw 他にも怪しい・怖い・面白い求人広告を集めました。 1.ビレッジヴァンガードの求人 ビレッジヴァンガードの求人が自虐的かつ正直すぎてヒドイwww 2.容姿端麗が求められる アルバイト条件に容姿端麗が求められてるー!! 3.光秀がバイト募集 4.ナニコレ・・・ 5.ブラック企業? 最後の広告は会社名を逆から読むと・・・ 「シヌマデコキツカウ」 怖いですね! ネタなのか本気なのか良く分からなくなりますねw 高額な時給をもらうということはそれなりの仕事を要求されます。 募集要項と仕事内容が違うのは当たり前です。 それが社会の仕組みです。 本当に募集する気あるの? と疑わしくなってしまいますが 怖いもの見たさで面接は受けてみたくなりますね。 ネットでの反応 ・量子論的揺らぎってなに? ・やばいちょっと見てみたい ・ネタとして面接は受けてみたいな ・こんな怪しいの誰が応募するんだよwwww

Continue Reading

強制結婚させられる美人ウィグル人…悲しみの顔をした美人女性に同情の声…

強制結婚させられる美人ウィグル人… 悲しみの顔をした美人女性に同情の声… ウイグル美人とは? ウイグル族は美人で有名。 中国であって中国ではありません。 それがウイグル自治区です。 こちらもヨーロッパ系にみえますがウイグル人です。 ウイグル自治区はコチラ。 近くにはモンゴル、カザフスタン、ロシア、キルギスなどが接しています。 強制結婚させられる美人ウィグル人 こちらが問題となっている強制結婚。 この映像は、ウイグル人のフェイスブック・グループ「Talk to East Turkestan」上で5月26日に投稿されたもの ウイグル人の女性と中国人(漢族)との強制結婚の様子 #民族浄化 pic.twitter.com/tuo2xXrIDo — shion_reik (@shion_reik2) August 18, 2018 引用:https://twitter.com/shion_reik2/status/1030910837983076352 ウイグル美人の女性と中国漢族の人間との強制結婚といわれています。 新郎の笑顔に比べて花嫁の笑顔のない悲しんでいるかのような顔が印象的です。 ウイグル自治区は中国共産党の人権無視の逮捕や制圧などがニュースになったと思います。 しかし、中国のウイグルでの横暴などはあまりニュースにならない印象。 イスラム教徒の多いウイグル人に中国共産党が 無理矢理軍隊で制圧しているという印象があります。 こういった人権無視の中国共産党の横暴に対して日本の人権団体はいつもだんまり。 ウイグル人に美人が多いだけに何か手助けしてあげたいですね。 ネットでの反応 ・何せ当時のナチス以上の悪行を現在進行形でやっている北朝鮮や中国をスルーですからねえ。 ・ウイグル人女性は強制結婚でシナ男の慰め者に ウイグル人男性はDNA登録させられ臓器移植ドナーとして殺される運命 ・日本に来て日本人男性と結婚したらいい 日本人の国際結婚見たらわかる通り、 日本人男性は外人女と結婚したがる日本人女からしたら外人男、 混血男は恋愛対象外だし、日本人女が外人男、 混血男と結婚するなんてのは日本人女本人だけじゃなくて周囲も反対する 日本人女の国際結婚率が世界一低い理由

Continue Reading

氷点下30度で卵を割るとどうなる?極寒の地の凄さがよく分かる動画が話題に…

氷点下30度で卵を割るとどうなる? 極寒の地の凄さがよく分かる動画が話題に… 大寒波が到来したアメリカ中西部では一部の地域で氷点下40度を下回り、 様々な氷点下実験が行われているとか。 そんな中、氷点下30度近くになったミネソタ州では ある男性が外で卵を使った実験してみた動画が話題になっています。 氷点下30度で卵を割るとどうなる? 引用:https://youtu.be/-UIS5BtgRPY 重ねた食パンの間に割った卵をセッティング。 トレイにも割った卵を乗せてみることに。 なんてこった…一瞬にして固まってる! 氷点下30度近くになったミネソタ州で、とある男性が野外で卵を使った実験を実施。 …なんと卵が一瞬のうちに凍り、空中に浮いたままの卵とカチコチの目玉焼きが完成。 この様子を見ると、どれだけ強烈な寒さなのかが伝わってきますね… もう外に出歩くのも躊躇われそうです。 ネットでの反応 ・ミネソタ、どんだけ寒いのかとw ・すごくね? ・つかここまで寒いと、もはや冬眠したくなるレベル… ・立った!立った!玉子が立った!(アルプス風) ・食品サンプルみたい! ・いや…何で地面でやるの?

Continue Reading